ホーム サイトマップ
ホーム リンク アクセス お問い合せ
医学統計学研究センター
医学統計学研究センター
教育プログラム・イベントご紹介

      平成29年度第4回セミナー

          生体情報としての
     貴重な臨床検査への統計学  
     -臨床検査情報の
                  適切な解釈と有効利用-

    Statistics for clinical laboratory data

  講師: 
丹後俊郎
          
医学統計学研究センター

  
日時:平成29年10月6(金)
       
PM1:15~PM5:00

         セミナー詳細 (PDF)

       参加申し込み方法はこちら 
            
 申し込み受付中

  会場: 東京茶業会館8階
         〒105-0021
          港区東新橋2丁目8番5号
          会場地図(PDF)




      平成29年度第3回セミナー

        疫学の基礎と空間疫学  
  -疾病集積性検出のための
                              最新の統計手法-
             Spacial Epidemiology

  講師: 
丹後俊郎
          
医学統計学研究センター

  
日時:平成29年8月4(金)
       
PM1:15~PM5:00

         セミナー詳細 (PDF)

       参加申し込み方法はこちら 
            
 申し込み受付中

  会場: 東京茶業会館8階
         〒105-0021
          港区東新橋2丁目8番5号
          会場地図(PDF)




                   
     平成30年度臨床試験特論コース
         (長期コース・全18回)

  
オープンキャンパス8月8日~10日
           参加申し込み受付中

       

        Advanced Biostatistics on
        Randomized Controlled Trial




日程、タイトル変更がある可能性あり
開催時間はPM1:15~PM5:00
申し込み受付は約2か月前より開始

 
  29年度予定のセミナー

第5回セミナー
平成29年12月1日(金)
ネットワーク・メタアナリシス入門

第6回・第7回  未定 
決定次第順次更新・公開致します

                 その他

過去のセミナー
平成23年度
第1回 空間疫学
第2回 研究デザインと統計学
第3回 ベイジアン統計解析の実際
第4回 メタ・アナリシス入門

平成24年度
第1回 統計学のセンス
第2回 メタ・アナリシス入門
第3回 空間疫学
第4回 臨床試験のデザイン
第5回 ベイジアン統計解析の実際
第6回 メタ・アナリシス入門

平成25年度
第1回 統計学のセンス
第2回 経時的繰り返し測定データ・・
第3回 空間疫学
第4回ロジスティック回帰分析の基礎
第5回 ベイジアン統計解析の実際
第6回 メタ・アナリシス入門

平成26年度
第1回 統計学のセンス
第2回ネットワーク・メタ・アナリシス入門
第3回 空間疫学
第4回 経時的繰り返し測定データ・・
第5回ロジスティック回帰分析応用
第6回 ベイジアン統計解析の実際
第7回 メタ・アナリシス入門

平成27年度
第1回 統計学のセンス
ライフスタイル改善の実践と評価【共同】
第3回 空間疫学
第2回ネットワーク・メタ・アナリシス入門
第4回 経時的繰り返し測定デザイン
第5回 ベイジアン統計解析の実際
第6回 メタ・アナリシス入門

平成28年度
第1回 統計学のセンス
第2回ロジスティック回帰分析の基礎
第3回 空間疫学
第4回ネットワーク・メタ・アナリシス入門
ライフスタイル改善の実践と評価【共同】
第5回 経時的繰り返し測定デザイン
第6回 ベイジアン統計解析の実際
第7回 メタ・アナリシス入門

平成29年度
第1回 研究デザインと統計学のセンス
第2回研究デザインに応じた必要・・

医学統計クリニックからの話題
1.季節変動の検定


福島第1原子力発電所の事故によ
る放射性物質の健康影響に関する
私見
         
    平成23年3月23日





 
   医学統計学研究センターは、医学統計学、生物統計学の正しい知識と理解の普及を図るための研究・ 教育・
    啓蒙活動を行うとともに新しい統計手法を開発する研究を活性化するための広場を提供しています 
    
     お知らせ- Message
 
 
   第38回臨床統計国際学会に参加して:

   国際臨床統計学会(International Society of Clinical Biostatistics)
   の第38回年会は、スペインのVigo(ポルトガルに近く、大西洋に面している)
   で7月9-13日に開催された。Vigoは日本の神戸のような港町で、気温は
   16-27℃(湿度65%程度)で、晴れれば、結構日中は暑く、ビーチで海水浴を
   楽しんでいる人々の姿がホテルのベランダから眺望できました。日本の東京の
   蒸し暑さは全くなく、大変過ごしやすいところです。ただ、スペインの代表的な
   パエリヤがイメージしていたものと異なったことと、スペインの伝統的な長いお
   昼をとる習慣(シエスタ)のためレストランが午後9時からしか開かない点が少
   々・・・でした。

   この国際学会の年会には、筆者はほぼ毎年参加していますが、ここ数年は学
   会の執行委員を務めているので、年会の始まる週の日曜日の定例会議(なん
   と午後1時から7時頃まで6時間)で缶詰状態となるのが少々つらいものがあ
   ります。

   例年、日本人の参加者は20名前後で、今年は25名(全体では、49ヵ国から
   600名弱)でした。研究発表のテーマは学会の名前の通り、臨床よりの生物
   医学統計学に関するものであり、臨床疫学、臨床試験、観察研究、メタ・アナ
   リシスなどに関連した統計学的方法に関するものが多いですね。

   例年(今回も)、日本人は口頭発表が少なく、ポスター発表する参加者が多い
   のですが、日本からの情報発信という意味で、英語で口頭発表する参加者が
   増えてもらいたいものです。

    

   ご意見や、ご相談は、メールにて受けつけます。
   詳細は Contact をご覧下さい。
 

    ★「経時的繰り返し測定デザイン」正誤表  ここからダウンロード 
 尋ね人:寺田芳秋様 

  先日は誠にありがとうござ
  いました。大変恐縮ですが、  
  secretary@medstat.jp
  へご連絡下さいますよう
  お願い申し上げます。 


      コーヒーブレイクで
      京大の魚住先生と


      海が見える会場


              受付
 
 
      関連学会情報 - Academic Conferences & Meetings
       
   The XXIXth International Biometric Conference (IBC2018) will be held 8-13 July
       2018 at Barcelona, Spain.
 
   The X international conference on spatial statistics, spatial epidemiology and spatial
       aspects of public health (GEOMED 2017) will be held on 7-9 September 2017 in Porto,
       Portugal.
     
   The RSS 2017 Conference will take place at the Technology and Innovation Centre
       at the University of Strathclyde in the centre of Glasgow, 4-7 September 2017.
   The 2017 Joint Statistical Meetings will be held at Baltimore Convention Center,
       Baltimore, July 29 - august 3, 2017.
 
   The 38th Annual Conference of the International Society for Clinical Biostatistics was
       held at Vigo, Spain, 9-13 July 2017.
   The 2016 International Conference of the Royal Statistical Society was held
       at University Place, Manchester, 5-8 September 2016.
   The 37th Annual Conference of the International Society for Clinical Biostatistics
       was held at Birmingham, United Kingdom, August 21 – 25, 2016.
 
   The 2016 Joint Statistical Meetings was held at McCormick Place, Chicago,
       Illinois, July 30 – August 4, 2016.
 
   The XXVIIIth International Biometric Conference (IBC2016) was held July 10-15
       at the Victoria Conference Centre, Victoria, British Columbia, Canada.
 
   The IX international, interdisciplinary conference on spatial statistics,
       geographical epidemiology and geographical aspects of public health (GEOMED 2015)
       was held on September 10-12, 2015 in Florence, Italy.
 
   The 2015 International Conference of the Royal Statistical Society was held
       at the Forum, Exeter, Devon (South West England) from 7-10 September
 
   The 36th Annual Conference of the International Society for Clinical Biostatistics
       was held at Utrecht, The Netherlands, on 23 - 27 August 2015
 
   The 2015 Joint Statistical Meetings was held August 8–13, at the Washington
       State Convention Center, 800 Convention Place, Seattle, WA 98101
 
   The 2014 RSS International Conference was held at Sheffield,UK, from
       1-4 September
 
   The 35th Annual Conference of the International Society for Clinical Biostatistics
       was held at Vienna, Austria, on 24 - 28 August 2014.
 
   
   2014年度統計関連学会連合大会が9月13日(土)から16日(火)まで東京大学本郷キャンパスで開催
       されました。
 
   The 2014 Joint Statistical Meetings was held in Boston, Boston Convention and
       Exhibition Center, USA, 2-7 August 2014.
 
   2014年度日本計量生物学会年会が5月23(金)から24日(土)まで統計数理研究所で開催されました。
 
  XXVIIth International Biometric Conference was held at Firenze Fiera
      Congress & Exhibition Center, Florence, Italy, on 6-11 July 2014. 
  The 34th Annual Conference of the International Society for Clinical Biostatistics
      was held at Munich, Germany, on 25-29 August 2013.
  The 2013 Joint Statistical Meetings was held at the Palais des congrès de
      Montréal, Canada, on 3-8 August 2013.
  2013年度日本計量生物学会年会が5月23日(木)より24日(金)まで福島市飯坂温泉「パルセいいざか」で
      開催されました。
  2012年度統計関連学会連合大会が2012年9月10日(月)-12日(水)まで北海道大学高等教育推進機構で
      開催されました。
  RSS 2012 International Conference was taken place in Telford, UK, from 3rd September
      to 6th September, 2012.
 XXVIth International Biometric Conference was held at Kobe, Japan,  
     from Sunday 26 August to Friday 31 August, 2012.  Chair of Local Organizing
     Committee: Toshiro Tango (Center for Medical Statistics)

  The 33rd Annual Conference of the International Society for Clinical Biostatistics (ISCB)
      was held at Bergen Norway from Sunday 19 August to Thursday 23 August 2012.

  2012年度日本計量生物学会年会が5月25(金)-26日(土)まで統計数理研究所で開催されました。
 
  The first Clinical Trials Methodology Conference was held at Bristol Marriott  
      City Centre, Bristol, England, on 4-5 October 2011.
  2011年度統計関連学会連合大会が2011年9月5日(月)- 7日(水)まで九州大学
      伊都キャンパスで開催されました。
  The 32nd Annual Conference of the International Society for Clinical Biostatistics
       (ISCB) was held at Ottawa, Canada, on 21-25 August 2011. 
  The XIXth IEA World Congress of Epidemiology was held at Edinburgh, Scotland
      on 7-11 August 2011.
  2011年度日本計量生物学会年会が6月2日-3日まで大阪大学吹田キャンパス
      銀杏会館で開催されました。  
  2011年第1回計量生物学会講演会 が開催されました。  

         司  会  : 丹後俊郎、医学統計学研究センター
         講演者  : Dr. Ian White
                     MRC Biostatistics Unit, Institute of Public Health, UK.
         演  題  : Multivariate meta-analysis: methods and applications
         日  時  : 2011年1月27日(木)午後3:30~4:30(受付:午後3時~)

         場  所  : 東京大学大学院薬学系研究科総合研究棟2F講堂(文京区本郷7-3-1)
         主  催  : 日本計量生物学会
         共  催  : 東京大学大学院薬学系研究科医薬政策学講座
                   国立保健医療科学院技術評価部
                   医学統計学研究センター
         参加費  : 無料
         参加申込: 日本計量生物学会
  XXVth International Biometric Conference was held in Federal
      University of Santa Catarina Florianopolis-SC, Brazil, from Sunday 5
      December to Friday 10 December 2010.         
                                                           A draft printed program(Nov 4th)
  2010 RSS international conference was held in Brighton, UK,
      from Monday 13 September to Friday 17 September 2010. 
  2010年度統計関連学会連合大会が9月5日-8日まで早稲田大学早稲田キャンパスで
      開催されました。  
  The 31st ISCB Annual Conference was held in Montpellier, France,  
      August 29 - September 2, 2010. 
  2010 Joint Statistical Meetings was held in Vancouver Convention
      Centre Vancouver, British Columbia, Canada, July 31 - August 5, 2010. 
  2010年度日本計量生物学会年会 が5月21日から22日まで統計数理研究所で開催
      されました。

        チュートリアル講演: 5月21日(金)9:30~12:00
        テーマ:統計思考と分類思考-Rを用いた分類パターンの認識-
        講師 :三中信宏(農業環境技術研究所)

        特別セッション: 5月22日(土)14:30-17:00
        セッション名:農学・生態学・進化学でのベイズ統計手法の応用に関する諸問題
        オーガナイザー:三中信宏(農業環境技術研究所)

        特別講演: 5月22日(土)13:15-14:15
        演題: Statistics in Medicine
        演者: 丹後俊郎(医学統計学研究センター)

     新刊案内 - New Books
 
Repeated Measures Design with Generalized
    Linear Mixed Models for Randomized
    Controlled Trials
(Site CRC Press)    
 
エビデンスの統合をめざす統計手法
    新版 メタ・アナリシス入門      
    
    丹後俊郎【著】
    朝倉書店
    A5/280ページ/2016年02月20日
    ISBN978-4-254-12760-7 C3371
 
治療効果を評価する混合効果モデルとその周辺 
    経時的繰り返し測定デザイン      
    丹後俊郎【著】
    朝倉書店
    A5/260ページ/2015年09月15日
    ISBN978-4-254-12880-2 C33a41

    正誤表 2016年11月現在
 
生活習慣病発症・重症化の予防に向けて
    
ライフスタイル改善の実践と評価      

    山岡和枝・安達美佐・渡辺満利子・丹後俊郎【著】
    朝倉書店
    A5/232ページ/2015年02月20日
    ISBN978-4-254-12835-2 C3341

 
統計ライブラリー
    
医学への統計学 第3版      

    古川俊之 監修/丹後俊郎 【著】
    朝倉書店
    A5/304ページ/2013年11月30日
    ISBN978-4-254-12832-1 C3341


 
 
SASを利用した統計解析の実際 
     新版 ロジスティック回帰分析
     

    丹後俊郎 ・山岡和枝・高木晴良【著】
    朝倉書店
    A5/296ページ/2013年11月10日
    ISBN978-4-254-12799-7 C3341


 
WinBUGSを利用して               
     ベイジアン統計解析の実際
     

    丹後俊郎 ・Taeko Becque【著】
    朝倉書店
    A5/276ページ/2011年11月10日
    ISBN978-4-254-12759-1 C3341

 
 医学統計学の事典が刊行されました 
     医学統計学の事典

    丹後俊郎 ・小西貞則 編
   朝倉書店
   A5/472ページ/2010年06月30日
   ISBN: 978-4-254-12176-6 C3541
医学統計学の事典 

 疾病集積性の検出に関するテキストが刊行されました
      Statistical Methods for Disease Clustering
       (Site: Springer)
      Statistical Methods for Disease Clustering
       (Site: Amazon Japan)

     Statistical Methods for Disease Clustering
   (Statistics for Biology and Health)
   Toshiro Tango 著
   Springer
   ハードカバー/240ページ/20100201
   ISBN-13: 978-1-441-91571-9

      Book Reviews 1:
     
 Journal of Royal Statistical Sociery,
      Series A 2011; 174: 848-849.
      By M. D. Ugarte
      Book Reviews 2:
      International Statistical Review, Short book
      reviews; By M. Crowder

 Statistical Methods for Disease Clustering
   
 英語表現の本が刊行されました 
     統計解析の英語表現-学会発表,論文作成へ向けて-

   シリーズ: 医学統計学シリーズ8
   統計解析の英語表現-学会発表,論文作成へ向けて-
   丹後俊郎 ・ベックタエコ 著
   朝倉書店
   A5/200ページ/2009年11月20日
   ISBN-13: 978-4-254-12758-4 C3341
 統計解析の英語表現  
 
 最新研究情報 (統計手法関連に限定) - Publications(Peer Reviewd Journals)
 
 Tango T.  Power and sample size for the S:T repeated measures design combined
    with a linear mixed-effects model allowing for missing data. Journal of
     Biopharmaceutical Statistics
, Published on line 13 Feb 2017.
  Watanabe M, Yokotsuka M, Yamaoka K, Adachi M, Nemoto A, Tango T.  Effects
      of a lifestyle modification programme to reduce the number of risk factors for metabolic
      syndrome: a randomised controlled trial. Public Health Nutrition 2017; 20: 142-153.
 Saeki H, Tango T, Wang J. Statistical inference for noninferiority of difference in
      proportions of clustered matched-pair data from multiple raters. Journal of
         Biopharmaceutical Statistics 2017;  
27: 70-83.
  Watanabe J, Watanabe M, Yamaoka K, Adachi M, Nemoto A, Tango T. Effect of
      School-Based Home-Collaborative Lifestyle Education on Reducing Subjective
      Psychosomatic Symptoms in Adolescents: A Cluster Randomised Controlled Trial.
      PLOS ONE 2016, October 25: 1-14.
  Manabe T, Yamaoka K, Tango T, Binh NG, Co, DX, Tuan ND, Izumi S, Takasaki J,
      Chau NQ and Kudo K. Chronological, geographical, and seasonal trends of human
      cases of avian influenza A (H5N1) in Vietnam, 2003–2014: A Spatial Analysis.
      BMC Infectious Diseases2016; 16: 64
   Tango T. On the recent debate on the space-time scan statistic for prospective
       surveillance.  Statistics in Medicine 2016 ; 35: 1927-1928.
   Tango T. On the repeated measures designs and sample sizes for randomized
      controlled trials.  Biostatistics 2016 ; 17: 334-349. < Errata slip >
  Saeki H. and Tango T. Statistical Inference for Non-inferiority of a Diagnostic
      Procedure Compared to an Alternative Procedure, Based on the Difference in
      Correlated Proportions from Multiple Raters. In Kees van Montfort, Johan Oud,
      Wendimagegn Ghidey (Eds.) Developments in Statistical Evaluation of Clinical
        Trials
, p119-137, Springer, 2014.
  Katayama K, Yokoyama K, Yako-Suketomo H, Okamoto N, Tango T, Inaba Y.
      Breast Cancer Clustering in Kanagawa, Japan: A Geographic Analysis.
      Asian Pac J Cancer Prev. 2014, 15: 455-460.
  Hida, E. and Tango T. Three-arm non-inferiority trials with a prespecified margin
      for inference of the difference in the proportions of binary endpoints.
      Journal of Biopharmaceutical Statistics, 2013; 23: 774-789.
  Adachi M, Yamaoka K, Watanabe M, Nishikawa M, Kobayashi I, Hida E, Tango T.
      Effects of lifestyle education program for type 2 diabetes patients in clinics:
      a cluster randomized controlled trial. BMC Public Health, 2013, 13: 467
  Yamaoka K. and Tango T. Effects of lifestyle modification on metabolic syndrome:
      a systematic review and meta-analysis. BMC Medicine, 2012; 10: 138.
  Tango T. and Takahashi K. A flexible spatial scan statistic with a restricted likelihood
      ratio for detecting disease clusters. Statistics in Medicine, 2012; 31: 4207-4218.
  Saeki H. and Tango T. Non-inferiority test and confidence interval for the
      difference in correlated proportions in diagnostic procedures based on multiple
      raters.  Statistics in Medicine 2011; 30: 3313–3327
  Hida E and Tango T. Author's Reply: Response to Joachim Rohmel and Iris Pigeot.
      Statistics in Medicine 2011; 30: 3165
  Nishiyama T, Takahashi K, Tango T, Pinto D, Scherer SW, Takami S, Kishino H.
      A scan statistic to extract causal gene clusters from case-control
      genome-wide rare CNV data.  BMC Bioinformatics 2011; 12:205
  Hida, E. and Tango T.  On the three-arm non-inferiority trial including
      a placebo with a prespecified marginStatistics in Medicine 2011; 30: 224-231
  Tango T, Takahashi K, Kohriyama K. A space-time scan statistic for
      detecting emerging outbreaks.  Biometrics 2011; 67: 106-115.
  Zushi M, Yamaoka K, Watanabe M and Tango T. Development of a statistical
      metabolic syndrome simulator. Japanese Journal of Public Health
      2010;  57: 1043-1053.
  Adachi M, Yamaoka K, Watanabe M, Nishikawa M, Hida E, Kobayashi I and
      Tango T.  Effects of lifestyle education program for type 2 diabetes
      patients in clinics: study design of a cluster randomized trial. BMC
          Public Health
  2010; 10:742
  Yamaoka K, Watanabe M, Hida E and Tango T.  Impact of group based
      dietary education on dietary habit for female adolescents: A cluster
      randomized trial.  Public Health Nutrition  2010; 14: 702-708.
  Takahashi K. and Tango T.  Assignment of grouped exposure levels for
      trend estimation in a regression analysis of summarized data. 
      Statistics in Medicine  2010; 29: 2605–2616.
  Watanabe, M, Yamaoka K,  Adachi M, Yokotsuka M, Tango T.  Validity
      and Reproducibility of the Food Frequency Questionnaire (FFQW82)
      for Dietary Assessment in Female Adolescents.  Public Health Nutrition 
      2010; 14: 297-305
  Sumi M and Tango T. Inference on the rate ratio of recurrent events
      for the matched pairs design. Statistics in Medicine  2010; 29: 3186-3193

  高橋邦彦, 飛田英祐, 山岡和枝, 丹後俊郎.  ベイズ推定の医療費地域差指数への
      適用.  日本公衆衛生雑誌 2010, 57:17-26. 

  Nishikawa M, Tango T. Ohtaki M. Statistical tests based on new
      composite hypotheses in clinical trials reflecting the relative clinical
      importance of multiple endpoints quantitatively.   Biometrical Journal 
      2009; 51:749-762.

  Tango T. Sample size formula for randomized controlled trials with
      counts of recurrent events.   Statistics and Probability Letters 
      2009; 79: 466-472.  

 Hasegawa T, Tango T. Permutation test following covariate-adaptive
      randomization in randomized controlled trials.
      Journal of Biopharmaceutical Statistics 2009; 19: 106-119.
 
 

上向き矢印 このページの先頭へ
 
丹後俊郎 丹後俊郎 丹後俊郎 丹後俊郎 丹後俊郎 丹後俊郎 丹後俊郎 丹後俊郎 丹後俊郎 丹後俊郎 丹後俊郎 丹後俊郎 丹後俊郎  丹後俊郎 丹後俊郎
丹後俊郎 丹後俊郎 丹後俊郎 丹後俊郎 丹後俊郎 丹後俊郎 丹後俊郎 丹後俊郎 丹後俊郎 丹後俊郎 丹後俊郎 丹後俊郎 丹後俊郎  丹後俊郎 丹後俊郎
丹後俊郎 丹後俊郎 丹後俊郎 丹後俊郎 丹後俊郎 丹後俊郎 丹後俊郎 丹後俊郎 丹後俊郎 丹後俊郎 丹後俊郎 丹後俊郎 丹後俊郎  丹後俊郎 丹後俊郎
Toshiro Tango Toshiro Tango Toshiro Tango Toshiro Tango Toshiro Tango Toshiro Tango Toshiro Tango Toshirho Tango Toshiro Tango
Toshiro Tango Toshiro Tango Toshiro Tango Toshiro Tango Toshiro Tango Toshiro Tango Toshiro Tango Toshirho Tango Toshiro Tango
Copyright(C) 2010 Center for Medical Statistics All Rights Reserved.